Ishii Hendrix 公式日記

ishihen.exblog.jp
ブログトップ

石井ヘンドリックスのライブを聴いたことがある人。いつ見てくれたかによって、イメージがまったく違うと思う。最初のライブは、だいたい市民運動のイベントの余興で、公民館。その後も野外とかそういうとこばかり。そのころは、石井ヘンドリックスが都内のライブハウスで演奏するなんて、考えもしなかった。。。

あ、活動履歴はここにもありますね。

最初はエレキギター、キーボード、打ち込みドラム(PC98用 レコンポーザ!)、場合によってベースもあるポップ(笑)なバンド。95年にやった二回のライブはその構成。これを見たことある方は、非常に貴重。初のライブは、徳島の山の上。二度目は、一応都内だが、ライブハウスではなく、シンポ会場。二回とも、ちはるさんちから、PA機材持ち込み。
徳島は、村をあげてダム計画に反対していた木頭村(今は那賀町)の方々を応援に行こうと押しかけライブ。オリジナルメンバー三人に加え、シーケンサーのノートPC、さらに大阪のミュージシャンの井上卓さんも、一部の曲に参加してくれた。このダム計画は幸い、関係者の頑張りにより明確にストップされた。

二度目のライブは、小笠原空港計画を巡るイベント(23区内でやったんだけど)の余興として、オリジナル曲をやったんだった。徳島ライブの次の週くらいだったっけ?その主催者の有川美紀子さんとは、曲の合作までやったのだった。タイトルは、「見送りの日 ~君の胸の中の小笠原」。これは、今でも好きな曲。「いるかと遊ぼう」という曲もあったなぁ。
このライブでは、オリジナルメンバー三人に加え、ほぼオリジナルメンバーだった小夜ちゃん(紅一点だよん)もキーボードを弾いていた。その時から、変なバンドだったろうなァ。

それはともかく、この空港計画はうやむやな感じに。。。島に住む人の幸せ、世界的に見てどう考えても貴重な自然。このバランス。とてもとても考えさせられる経験だった(ワタシ自身は小笠原に行ったことがない)。ただ反対すればいい、そういうことじゃないんです。空港計画は一つの現象に過ぎず、島に暮らす人々、あの貴重な自然を守ろうとする人々の挑戦は続いているようです。

次は97年にやった野外イベントの余興コーナー。その時は、ちはるさんとアコギ2本、シーケンサーも曲によっていれた記憶があるが、完全にフォークデュオ。これ、イベントの様子が新聞に写真付きで載ったりしたんだよなァ。このイベント、横須賀市の大楠山という市民に親しまれた自然多い所のそばに神奈川県が産廃処分場を作る計画があって、それに疑問を持ってる方々のイベントだった。ワタシはこの運動に当時ずいぶんのめり込んだが、力足りず、結局、処分場は完成してしまった。

97年頃には、エレキギターのエリー谷口はお仕事でニューヨークに住んでたし、二人でやらざるをえなかったですな。エリー、ニューヨークへ行く、については、その辺はライブでもネタになるかと思います。それに関係したうたもあるし。

まぁ、その間、音楽活動としては、細々とワタシひとりで結婚式ソング作って演奏したりしてました。ちはるさんも、結婚式ソングは作ったりしてたかな。
この頃作った曲を改めて思い出すと、やはり曲作りで行き詰まってたのがよくわかる。
結婚式ソングが多いが、その曲をよいと言ってくれる人もいたし、自分でも改めて「悪くない」と思うからアレなんだけど、一言でいうと、無意識に手を抜いている。いや、もう一段よい曲にするためにどうすればよいのか見失ってる、そんな感じ。やっぱり、エリー谷口のギターがあり、それが刺激になってちはるさんが、もう一段面白い要素を入れてくれる、ということが自分の曲作りによい好循環をもたらしていたのだが、それがなくなったのは大きかった。
「肥後橋を渡る恋」という最初の曲は、それなくして作った曲だけど、それに続く曲は、3人でつくりあげた曲ばかり。もう2曲目から、ワタシはバンドマンになってたんですね。

そんな時でも、ワタシの曲を好き、よい、と言って楽しんでくれた人々に改めて感謝(/ _ ; )。

それはともかく、9月11日のライブでは、初期の頃につくった曲、「ダムができる」「緑の風に」
「カナデル・ギター(DFA)」をやる予定です。

そして、21世紀に入ってから転機が訪れます。

(多分、続く)

写真は、去りゆく夏を惜しんで、江ノ島の写真です。
「去りゆく夏に アクセル踏むよ 緑の風に さよなら~♪」♪( ´θ`)ノ(緑の風により)
[PR]
# by Ishii-Hendrix | 2010-09-01 23:37 | 自分たちの音楽のこと
 皆さん、モノが必要な時、売っているものが「帯に短し、たすきに長し」だとしたら、どうしてますか?石井ヘンドリックスのメンバーは、そういう時、つい自作してしまいます。メンバーの藤井ちはる(男性です。念のため)は、しょっちゅうパソコンつくってますし(仕事か)、あるライブの時には「うーん、スピーカー一個つくろうかなぁ」なんて、つくりかねないイキオイで、ミスターDIYみたいな人です。エリー谷口なんか、会社までつくってしまいました。
 ワタクシ、リーダー、ヘンドリックス石井は、結婚式で歌って欲しいと言われた時、「カバーでもいいけど、心にピッタリした歌がないなぁ」ということで、歌をつくってしまいました。石井ヘンドリックスは、そういう風にして歌をつくってきたバンドです。ダム反対運動の応援ライブをする時、ダムに沈む山と川と地面の鎮魂ライブをする時、大好きなバンドが解散して聴く音楽がなくなった時、平和を願う時、世の中の人がたくさん投票に行って欲しい時。。。。。
 そうやってつくって来た曲に、華麗な音楽的演出を与えて、もっとキラキラしたものにしてくれるのが、私たちの音楽的師匠であり、今回のプロデューサー、アツイ男、梶原秀剛氏です。
 今回のライブは、そんな石井ヘンドリックスのすべてをお見せ、お聴かせするために、いつものライブよりもたくさんの曲を演奏します。えぇ、ワンマンライブですから。


石井ヘンドリックス ワンマンライブat 西早稲田 Blue Drag「石井ヘンドリックスのすべて」
(Voz Music 梶原秀剛 Presents)
【日時】2010年 9月 11日(土) 開場 17:00 開演 18:00
【チケット】前売り ¥ 2,500 当日¥ 3,000 (1ドリンク500円が別途必要です)
【場所】 Blue Drag
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田 3-20-6 スパイラルビル B1F
TEL/FAX 03-6457-6933
【出演】ヘンドリックス石井、藤井ちはる、エリー谷口(Electric Guitar, Guitar Synthesizer, VG-99 Bass)
【特別出演】梶原秀剛

こちらのチラシもご覧下さい。
http://www.korogary.com/ishihen/images/ishihen100911.jpg


-------------

石井ヘンドリックス ワンマンライブat 西早稲田 Blue Drag「石井ヘンドリック
スのすべて」
(Voz Music 梶原秀剛 Presents)
【日時】2010年 9月 11日(土) 開場 17:00 開演 18:00
【チケット】前売り ¥ 2,500 当日¥ 3,000 (1ドリンク500円が別途必要で
す)
【場所】 Blue Drag
〒169-0051 東京都新宿区西早稲 3-20-6 スパイラルビル B1F
TEL/FAX 03-6457-6933
【出演】ヘンドリックス石井、藤井ちはる、エリー谷口(Electric Guitar,
Guitar Synthesizer, VG-99 Bass)
【特別出演】梶原秀剛

詳しくは、画像をご覧下さい
http://www.korogary.com/ishihen/images/ishihen100911.jpg

<追記>
●最寄り駅は高田馬場、もしくは副都心線に西早稲田です。

高田馬場駅からは徒歩約10分。
早稲田通りを早稲田方向に歩き、馬場口交差点を渡って100m、
ラーメンの「天下一品」の角を左に曲がって20m

副都心線に西早稲田からは、馬場口交差点まで約200m、馬場口交差点を右折
して100m、ラーメンの「天下一品」の角を左に曲がって20m

お店はライブハウスというよりはレストランで、
お酒も料理もあるし、基本的に全員座れるので
ゆっくり楽しんで頂けるとおもいます!



詳しくは、画像をご覧下さい。(ふふふ、エリー谷口がつくったチラシ、カッコいいっしょ)

[PR]
# by Ishii-Hendrix | 2010-08-22 15:10 | 自分たちの音楽のこと

カナデル・ギター(DFA)



残念ながら、この曲(カナデル・ギターというのは、曲名です)聴いたことある人は、かなり限定されてる。

原型は、「肥後橋を渡る恋」を演奏した時の二次会用に作った「僕のギター」。
五十歩百歩ブラザーズで演奏したこの曲を、エリー谷口の主導でアレンジして、「カナデル・ギター(DFA)」に生まれかわった曲です。

エリー谷口が、エレキギターをいかに気持ちよく弾くか、ということが主眼なので、歌詞はあるにはあるが、あまり意味はない。もともと、ライブの1曲目でやって、盛り上げようということだったワケです。

この曲のアレンジは、エリーちゃん、考えに考えた感じ。おかげでスタジオ録音版残ってるが、エレキカッコいいですねぇ。あと、バッキングのアコギをちはるさんが弾いてたのだけど、これも全体を引き締めていてナイス。

ということで、本当の意味でこのバンド初のコラボレーションが成立し、石井ヘンドリックスというバンドがめでたく誕生しました。ワタシも、五十歩百歩ブラザーズの人でなく、この曲が完成して、ヘンドリックス石井になったのです。

バンドでは、この曲を「DFA」と呼んでるが、これは出だしのコード進行のこと。少し変わってるので、そのままそう呼ぶことになった。こないだ師匠・梶原秀剛氏と一緒に演奏してみたとき、秀剛さんに「この曲、サビに入るまでマイナーコード出てこないね」と言われたが、まさにその通り。ただ、それを意識したワケではないんですがね。

9月のライブで、久しぶりに演奏する予定だが、どんなアレンジにするか、まだ方向性は決まっていない。どうまとまるか、楽しみだ。
[PR]
# by Ishii-Hendrix | 2010-07-14 02:13 | 自分たちの音楽のこと

肥後橋を渡る恋



この間、このブログに、ワタシの大学時代のユニット「五十歩百歩ブラザーズ」のことを書いて思い出した。ワタシのミニアルバム「政権交代」に入っている「肥後橋を渡る恋」は、そもそも五十歩百歩ブラザーズで演奏した曲でした。
肥後橋を渡る恋は、大学時代の友人カップルに贈った結婚式ソングで、そのカップルが二人とも大阪の「肥後橋」駅の近くにある会社で勤めていた頃のラブラブな様子を歌った曲です。偶然だけど、この二人が働いていた肥後橋駅のすぐ近くで、ワタシも勤めていました。地下鉄・肥後橋駅のホームでよく、奥さんの方とバッタリ会って、「今日は○○でご飯たべたんよ」なんてたわいもない話しを聞いてたことがモチーフになりました。

この「肥後橋」、ワタシにとって、とても思い入れのある地名です。

続きをみる
[PR]
# by Ishii-Hendrix | 2010-07-12 07:18 | 自分たちの音楽のこと

五十歩百歩ブラザーズ





9月に石井ヘンドリックスとして初のソロライブをやります。まァ結構長丁場になりそうということもあり、メンバーそれぞれが、ルーツをたどるような曲をやってみようと、こういう演出を考えています。

ワタシの音楽的ルーツ、といってもそんな大したことが、あるわけではありません。ただ、石井ヘンドリックスというバンドができる前だと、大学時代に遡ることになります。
大学時代、川口くんという、高校時代からほぼ四六時中一緒にいた友人が、ワタシの最初のギターの師匠です。大学時代は、彼とは宴会やイベントがある度に曲を作り、演奏をしてました。実はユニット名とかつけたことなかったのですが、いつしか「五十歩百歩ブラザーズ」と呼ばれるようになりました。

で、ギターで歌う割に、私たちは絵画部所属でした。大学一年生のときに、その絵画部で卒業する大先輩のための追い出しコンパがあり、その時に披露した「卒業」という曲が今でもお気に入りです。サビの曲とメロは確かワタシが自信なげにつくった記憶が。。。
卒業する先輩は、マイちゃんときよセンパイ。お二人とも美人だったなア。いま何されてるんだろ?美術のセンセイ?お母さん?

それはともかく、割と感動的な曲(いま思えば、歌詞的には「肥後橋を渡る恋」的かも)だったので、今回披露する曲の候補にしようと思うんです。しかし、ワンコーラス分の歌詞を書いた紙しか見つんないんすよね。どうするかな。

あと、ワタシ的には川口くんがつくった曲で、「栄谷グラフィティ」が思い出深い。確かこれはタイトルだけワタシ。見た目はやのつく自由業っぽかったホンダ先輩が「おい、映画作るぞ」といって、脚本を書きはじめたのだが、たしか、脚本未完成のまま、主題歌が先にできたのでした。その映画のタイトルが「栄谷グラフィティ」。栄谷とは、大学の地名。
いい曲と思うが、いま思うと抽象的で、これを聴いていいな、と思うのは、あの時代にあのキャンパスにいた仲間だけかもしれない、と思うわけです。

その映画、確か、なんか演技の練習した気がするが、一秒たりとも撮らなかったかと。主役は寺尾くんという男の子で、私の役は中身空っぽのプレイボーイ役でした。今考えるとアイツら、ワタシのことそんな目で見てたのかΣ(・□・;)。全然違うぞ‼


画像が変な向きのままアップされたので、修正しました。回転して、色だけ少々レタッチ。で、この植物なんだかご存じの方おられます?
[PR]
# by Ishii-Hendrix | 2010-07-07 09:55 | 自分たちの音楽のこと

ご無沙汰しています



4月24日のライブからずいぶん時間が経ってしまいました。
ライブを聴きに来て下さった方、心の中で応援して下さった方、ありがとうございました。

あれから、本業が忙しく、ゆっくりブログを更新している時間をとれなくて、申し訳なかったです。

次のライブも決まっています。9月11日です。18時頃だと思います。場所は西早稲田
です。石井ヘンドリックスのソロです。また、告知します。

ということで、ブログパーツに、Twitterのつぶやきを貼ってみました。最新5つくらい
です。

ただいま、新曲「投票へ行こう」を作っています。ほとんどできていますが、皆さんに
お聴かせするのはまだ早いです。9月11日のライブには間に合うことでしょう。

さぁ!がんばるぞ。
[PR]
# by Ishii-Hendrix | 2010-07-07 00:38 | 自分たちの音楽のこと

練習andお好み焼き

c0063905_0585896.jpg


火曜日の夜は神田のスタジオを借りて、石井ヘンドリックスのメンバー3
人集まっての練習でした。今回のメインテーマは、4/18に演奏させて
もらうアースデイのイベントに向けた確認と練習。
歌いなれた曲、弾きなれた曲が多いが、楽器の編成が変わって演奏する
と、少しヘンなところがあったりして、あれ?ということがある。そう
いったことを、一つ一つ確認して修正。

また、久しぶりに、仕事が終わってから練習したが、少し疲れてたよう
だ。まぁ、年を言い訳に使うには早いと思うが、R40後半のワタシ
としては仕方ない。気をつけないと、テンポがどうしても早くなっ
た。。。

ということで、練習がはねた後、スタジオ近くのお好み焼き屋さんへ。初
めてダダ漏れ(ユーストリームを使ったインターネット中継)を経験した
が、楽しかった。しかし、たんなるヨッパの集会だったので、みてしまっ
たヒトには申し訳ない気持ちが一杯。せめて、スタジオの練習風景にすれ
ばよかったかな?(笑)
[PR]
# by Ishii-Hendrix | 2010-04-15 00:58
c0063905_20454678.jpg



うまかったす♪
[PR]
# by Ishii-Hendrix | 2010-04-10 20:45

桜の園

c0063905_2044414.jpg


本日、静岡なうです。
とった写真が意外と評判よかったの
でアップしますだ。
[PR]
# by Ishii-Hendrix | 2010-04-10 20:44

朝からドライブ中

c0063905_9205719.jpg



静岡の某駅で待ち合わせなう。
墓参りの日。
[PR]
# by Ishii-Hendrix | 2010-04-10 09:20

石井ヘンドリックスメンバーによる公式の日記です。


by Ishii-Hendrix