Ishii Hendrix 公式日記

ishihen.exblog.jp
ブログトップ

Musical Baton




 Sound Sofaという畠山美由紀姐さんのファンのHPをやっている、みかさんからMusical Batonを渡されました。このブログの写真とか気に入って下さってるようです。みかさんのサイトも、なかなかセンスを感じます。
 畠山美由紀さんのライブ情報をSound Sofaからいただいたので、お礼メールを送ったのがきっかけです。なんだかワタシには珍しいバーチャルな友人です。
 バトンを受け取ってから1ヵ月余が過ぎてしまいましたが(^^;)。
 
1)Total volume of music files on my computer is...
(今パソコンに入っている音楽ファイルの容量)

 ざっくり、メインコンピュータで、音楽データが入っているフォルダで大きいのを3つほど上げると、
○My Music 8.23GB
 (MP3プレーヤーに転送する用のフォルダ)
○Ishii Hendrix 7.66GB
 (石ヘンで使うファイルなので、テキストファイルとかも入っている。歌詞とかが中心だから広い意味で「音楽ファイル」か?)
○VOZ_Live 6.60GB
 (ちはるさんから一昨年のVOZ Schoolライブの模様をもらったものが)

で、合計22.49GB。ビデオのファイルとかを含めると、ほかにありそうだけど、まぁ目安ということで。

2)Song playing right now(今聞いている曲)

PRISMATICAのRio(Acoustic Version)
 これは、去年(04年)、友人のまっしーくんの結婚パーティをやった会場のレストランで、パーティのうち合わせをやっていたときにかかっていたCD。それで、マスターに聞いて入手して、お気に入りに。最近、また聴きたくなって、PRISMATICAをやたらと聴いてます。なんか好きです。
 なお、まっしーくんの結婚パーティでは、石井ヘンドリックスの二人で、ちはるさんが作った結婚式ソングを披露。あの曲(タイトルは「私のくまさん」)よくできてたなぁ(笑)。あの歌詞だと、HPで公開すると個人情報保護法に違反?

3)The last CD I bought(最後に買ったCD)
 HMVのサイトで衝動的に5枚も買ってしまいました。
○PRISMATICA party! party!
○PRISMATICA PIQUE(Best of PRISMATICA)
TAHITI 80 Fosbury
○TAHITI 80 PUZZLE
○TAHITI 80 Wallpapar For The Soul

 TAHITI 80は、ラジオでPUZZLEの3曲目「Heart Beat」を聴いて、衝動買いしました。

 あ、でもほんとに最後に買ったCDは、飲みに行った帰り、某都内の駅前で歌っていた方、黒葛原(つづらはら)りつさんのライブCDだ。まだ聴いてない(^^;)。自称りつさんのファンというおじさん達と楽しんで聴きました。

4)Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
 (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
 
○RCサクセション「サマータイム・ブルース」
(作詞・作曲:E.Cochran & J.Capehart 日本語詞:忌野清志郎
 大げさに言えば、その後の私のロケン・ロールな人生を決定的にした名作「Covers」から1曲。The WHOが元ネタだと思ったのですが、Eddie Cochranという方が元ネタのようです。で、RC版はどちらかというと、Eddie Cochran版に近いと思います。
 ちなみに、The WHOの存在を知ったのは、高校生の時に好きだった渡辺美里のラジオだったと思います。

矢野顕子 「すばらしい日々(WONDERFUL DAYS)」
(作詞・作曲:奥田民生)
 奥田民生さんがひきいていたユニコーンの名曲を、矢野顕子さんがカバー。シングル版を最初に聴いて、れからアルバム(ELEPHANT HOTEL)のバージョンを聴いたのだが、どちもよかった。どちらかをあえて選べ、と言われると、ジャジーなアルバム版かなぁ。もともと原曲が好きだったのだが、「アレンジってこういうもんか」と目からウロコ落ちまくり。
 
○LEIKA AND THE WAITERS「DAY TRIPPER」
 (作詞・作曲:LENNON & McCARTNEY)
 とにかくカッコよくて、「がぁん」とやられました。「LADY MADONNA」というアルバムの1曲目なのですが、アコースティックなユニットで、ブルージーなアレンジで、こうカッコいい女性ボーカルが、ビートルズの名曲をカバー、というコンセプト自体がもうすごかったです。

○Eliane Elias「Waters Of March/Agua De Beber」
 (作詞・作曲:Jobim/De Moraes/Jobim)
 石井ヘンドリックスのリード・ギタリスト、エリー谷口の友人というか、当時の会社の先輩だったUさんちに遊びに行ったときに(もう10年くらい経ちます!)、「最近ボサノバに凝ってる」と言うと、貸してくれた「Blue Bossa」という、いろんな方の演奏を集めたアルバムに入ってたもの。この曲はもともと「Eliane Elias Plays Jobim」というアルバムに入っているようです。
 要するにブルー・ノート・レーベルのジャズの人たちがボサノバの名曲をカバーしたのを集めたアルバムなのですが、このアルバムを聴いてボサノバ好きが決定的になりました。

畠山美由紀「Don't Know Why」
 (作詞・作曲:Jesse Harris)
 畠山美由紀さんにハマることになった曲です。これが入っていたのは「Fragile」というカバーアルバムだったのですが、とてもカッコイイです。この前のオリジナル・アルバム「Diving into your mind」でファンになったのですが、このアルバムのおかげでワタシにとっては特別な地位を占める歌い手さんになりました。
 「Don't Know Why」はジェシー・ハリスが作詞作曲し、ノラ・ジョーンズに提供。ノラ・ジョーンズ版が大ブレイクしました(アルバム「jesse's box」)。おかげで(?)ジェシー・ハリスもアルバムを発売。ジェシー版の「Don't Know Why」もすごく味があります。ワタシは、畠山美由紀>ジェシー・ハリス>ノラ・ジョーンズの順に好きです。

 なんか、あえてカバーもので揃えてみました。自分的には、Led ZeppelinやAjicoが入ってないなー、という不満もあるのですが、キリがありません(^^;。
 
5)Five people to whom I'll be passing the baton are..
(バトンを渡す5人の犠牲者)

 ということで、バトンを渡すのは5人らしいのですが、ブログやっている友人が少ない、ということで許してください。っつーか、ハルユキチームがブログをやっていれば即渡すのですが。
 ワタシと同じく、みかさんからバトンを受け取られたkakkinさんの「チェーンメールあんまり好きじゃないし、これ渡して喜びそうな人あんまり思い浮かばないので、私のところで止めさせておいてくださいな。」という姿勢もエライなぁー、と思うのですが。

村山嘉昭さん
 このブログのコメントでちはるさんとともにもっともたくさん登場する「川ガキ」写真家。ハルユキ+石ヘンの「川ガキ楽団」の隠れメンバーです。というか、石井ヘンドリックスの強力な応援団です。彼の写真は、なんでもない日常を切り取っていても、何かを呼びかけてくるような写真です。

izumiさん
 バトンを受け取った時点ではブログを始めていなかったのですが、「飛んで火にいる夏の虫」のごとく最近スタート。ワタシが通っているVOZ Schoolを代表する女性シンガー・ソングライターの一人で、「青い猫の白昼夢」というカッコよいHPを運営されています。ブログは、「青い猫の白昼夢 - your words -」です。
 彼女のうたは、感情がストレートに出ているのですが、なんだかソフィスケートされているもので、とてもよい感じです。

○MIHOさん
 もともとVOZ School仲間なので、師匠・梶原秀剛さんとサンダーソニアというユニットを組んでいるのですが、最近ソロ活動も本格化してきたようです。Elephant Dreamというブログを公開中。
 MIHOさんは、華やかさと高貴さを同居させたようなシンガーで、ライブを見るたびにどんどん成長しているところが感動です。
 
yaskoさん
 この方もVOZ仲間です。HPも充実しています。音楽的なこともそうなのですが、「つぶやき日記」面白いです。ホントはバトンを渡すのはブログでないといけないのかな?日記という意味では似たようなものだから渡しちゃえ(笑)
 なぜか石ヘンのライブを見て、VOZ Schoolに通い始めた彼女ですが、ワタシがもたもたしている間に、どんどん作品を発表しています。とにかく存在感のある曲です。

はぁ、なんか字が多いなぁ。

写真は、海の日に行った海です(笑)。海に行った証拠写真と思ってとったものです。 
(いしい)
[PR]
by Ishii-Hendrix | 2005-07-23 23:39 | ヒトの音楽のこと

石井ヘンドリックスメンバーによる公式の日記です。


by Ishii-Hendrix