Ishii Hendrix 公式日記

ishihen.exblog.jp
ブログトップ

五十歩百歩ブラザーズ





9月に石井ヘンドリックスとして初のソロライブをやります。まァ結構長丁場になりそうということもあり、メンバーそれぞれが、ルーツをたどるような曲をやってみようと、こういう演出を考えています。

ワタシの音楽的ルーツ、といってもそんな大したことが、あるわけではありません。ただ、石井ヘンドリックスというバンドができる前だと、大学時代に遡ることになります。
大学時代、川口くんという、高校時代からほぼ四六時中一緒にいた友人が、ワタシの最初のギターの師匠です。大学時代は、彼とは宴会やイベントがある度に曲を作り、演奏をしてました。実はユニット名とかつけたことなかったのですが、いつしか「五十歩百歩ブラザーズ」と呼ばれるようになりました。

で、ギターで歌う割に、私たちは絵画部所属でした。大学一年生のときに、その絵画部で卒業する大先輩のための追い出しコンパがあり、その時に披露した「卒業」という曲が今でもお気に入りです。サビの曲とメロは確かワタシが自信なげにつくった記憶が。。。
卒業する先輩は、マイちゃんときよセンパイ。お二人とも美人だったなア。いま何されてるんだろ?美術のセンセイ?お母さん?

それはともかく、割と感動的な曲(いま思えば、歌詞的には「肥後橋を渡る恋」的かも)だったので、今回披露する曲の候補にしようと思うんです。しかし、ワンコーラス分の歌詞を書いた紙しか見つんないんすよね。どうするかな。

あと、ワタシ的には川口くんがつくった曲で、「栄谷グラフィティ」が思い出深い。確かこれはタイトルだけワタシ。見た目はやのつく自由業っぽかったホンダ先輩が「おい、映画作るぞ」といって、脚本を書きはじめたのだが、たしか、脚本未完成のまま、主題歌が先にできたのでした。その映画のタイトルが「栄谷グラフィティ」。栄谷とは、大学の地名。
いい曲と思うが、いま思うと抽象的で、これを聴いていいな、と思うのは、あの時代にあのキャンパスにいた仲間だけかもしれない、と思うわけです。

その映画、確か、なんか演技の練習した気がするが、一秒たりとも撮らなかったかと。主役は寺尾くんという男の子で、私の役は中身空っぽのプレイボーイ役でした。今考えるとアイツら、ワタシのことそんな目で見てたのかΣ(・□・;)。全然違うぞ‼


画像が変な向きのままアップされたので、修正しました。回転して、色だけ少々レタッチ。で、この植物なんだかご存じの方おられます?
[PR]
by Ishii-Hendrix | 2010-07-07 09:55 | 自分たちの音楽のこと

石井ヘンドリックスメンバーによる公式の日記です。


by Ishii-Hendrix